科目タイトル

併修を選択

国家資格である公認会計士や税理士への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られます。また、日商簿記1級は簿記検定の最高峰資格です。簿記の基礎からスタートし、短期間で2級を取得した後、1級合格を目指すコースです。

目標とする資格・試験(予定)

※年度により変更となる場合があります。

  • ●日商 簿記検定試験(1級~ 2級)
  • ●全経 簿記能力検定試験(上級、1級~ 2級)
  • ●電卓計算能力検定試験(段位)
  • ●計算実務能力検定試験(1級~2級)
  • ●日本語ワープロ検定試験(1級~3級)
  • ●法人税法能力検定試験(1級~ 3級)
  • ●所得税法能力検定試験(1級~ 3級)
  • ●消費税法能力検定試験(1級~ 3級)
  • ●ビジネス能力検定試験(1級~ 3級)

日商簿記1級は、簿記検定の最高峰資格であり、さらには、難関国家資格に数えられる公認会計士や税理士への登竜門になります。試験は毎年6月と11月に商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算の4科目(各科目25点)で実施されます。合格ラインは100点満点の70点以上。この1級の勉強を通して財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解出来るよう学習していきます。

主な就職先

本コースは、29年度生より「税理士・日商簿記1級コース」が「税理士コース」と「日商簿記1級チャレンジコース」に別れ設置されました。

カリキュラム

  • ●簿記の原理
  • ●商業簿記Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • ●会計学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • ●工業簿記Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • ●原価計算Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • ●税務会計(所得税法)
  • ●税務会計(法人税法)
  • ●税務会計(消費税法)
  • ●計算実務実践
  • ●電卓計算演習
  • ●パソコン実習(表計算ソフト)
  • ●ワープロ実習
  • ●ビジネス実践実務
  • ●就職対策
  • ●ホームルーム
  • ●個別学生指導

※カリキュラム科目は若干変更の場合があります。

時間割モデル

1 9:10~10:00 H・R 会計学Ⅰ 商業簿記Ⅰ 会計学Ⅰ 会計学Ⅰ
2 10:10~11:00 商業簿記Ⅰ 会計学 商業簿記Ⅰ 工業簿記Ⅰ 会計学Ⅰ
3 11:10~12:00 商業簿記Ⅰ パソコン実習 会計学Ⅰ 工業簿記Ⅰ 原価計算Ⅰ
4 12:50~13:40 電卓計算演習 原価計算Ⅰ 電卓計算演習 パソコン実習 原価計算Ⅰ
5 13:50~14:40 原価計算Ⅰ 工業簿記Ⅰ 工業簿記Ⅰ 商業簿記Ⅰ 原価計算Ⅰ
6 14:50~15:40 原価計算Ⅰ 工業簿記Ⅰ 工業簿記Ⅰ 商業簿記Ⅰ ビジネス実務
7 15:50~16:40 個別学生指導 個別学生指導 個別学生指導 個別学生指導 個別学生指導

〈個別学生指導〉クラス全員を対象に、毎日の最終授業の1コマとして実施。一人の学生に対し、月1回以上の面談が行われ、不安の解消や学校生活面に対してのアドバイスを行っています。(その日の対象者以外は下校となります。)

Share Button

close

-宇都宮ビジネス電子専門学校-3本柱

-宇都宮アート&スポーツ専門学校-3本柱

入学案内

UBDCのご案内

分野紹介-宇都宮ビジネス電子専門学校-

分野紹介-宇都宮アート&スポーツ専門学校-

キャンパスライフ

キャリアサポート